外壁塗装の効果とは!住宅を良い状態で長持ちさせるコツ

2016年05月25日

外壁塗装は何が効果的なのか

外壁塗装は住宅の塗装を行うというものですが、単純に住宅の見た目を美しくする効果があり、一見新築のように見えるという効果があります。審美的な目的で行うにも適しているのですが、見た目だけの効果だけではなく住宅を守る働きに期待出来るものであり、定期的に塗装を行えば住宅を長持ちさせる事にも繋がるでしょう。塗装に使う材料の種類によって、耐久性は変わってきますが、一般的には10年周期程度で塗り替える事が有効です。

外壁塗装業者の選択について

外壁塗装を行える業者は沢山ありますが、業者の選択によって仕上がりも値段も全く違ってくるものです。値段が安いからと言って飛びついて選んでしまうと、塗装技術が乏しい業者であったり、塗り重ねの数が少なくて耐久性に問題が生じる事もあるでしょう。塗装工事はコストもかかりますから、なるべく技術力がある業者に任せたいものですよね。業者の評判を含めた情報収集を行って、業者選択はコストだけで判断しない事が結果的に納得出来ます。

住宅を長持ちさせる為に必要な事

外壁塗装を行う事によって、住宅を美しくして耐久性を高める事が可能ですが、住宅を長持ちさせる為に必要な事は早期対策を打つ事です。塗装が剥がれて機能が弱くなりすぎた状態から塗装工事を行うのではなく、劣化しはじめた頃に塗装工事に入る事が有効でしょう。外壁劣化が激しい状態が続けば雨水等の侵入を許してしまい、外見から見えないような内部へのダメージが蓄積します。内部侵食が進んだ状態になれば土台自体が弱くなりますから、そうなる前に塗装判断を下す事が必要です。

住宅の外壁塗装の相場は、通常、単位面積当たりの料金となります。どのような種類の塗料を何回重ね塗りするかで価格が大幅に異なってきます。そのほか塗装するための足場や諸経費が加算されます。